熱中症予防にタンパク質+炭水化物?

トレーニング直後のどりんく水分と栄養補給は筋肉や疲労回復に欠かせないものですが、熱中症予防の効果も期待できるかと思います。

コーチングクリニック誌今月6号によると運動後にタンパク質+炭水化物のトレーニング直後に我々が日常補給しているドリンクは、翌日血漿量を増やす効果があるとのことです。血漿とは血液の液部分のことで、暑い環境では運動後はこの血漿量が低下し血液粘度が上がり血液循環が低下します。血漿量が増えることで血管内の血液循環が上がり心拍数や体温低下の効果があるというわけです。

5月は熱中症が増える時期で暑熱馴化におなじみの「タンパク質+炭水化物」を欠かさず忘れず!
→運動後の糖質摂取方法

台東パーソナルトレーニングKINYOでは、5月17日まで実店舗は休業中ですが、メールやZOOMによるオンライントレーニングもやってます。

→くわしくはこちら