正月休暇中のトレーニング

冬休み、正月休みに入りました。この時期の長期休暇が夏休みや春休みなどと違うのは、公共のトレーニング施設やスポーツクラブも休みになってしまう事です。

とはいっても近年は年中無休24時間営業のジムが多いし公共施設でも31日までオープンしている所もあるので、そのようなクラブの会員なら正月休みの心配はご無用ですが、一方「どこも開いてない!困った」と言う方も多いと思います。

ではそんな時どうすればよいか、というご質問をいただくこともありますが、もちろん答えはどうしようもありません・・・・

じゃなくて、真剣な話、ワタクシとしては1週間じっくり筋肉を完全休暇させるのもトレーニングの一環だと思います。しかし何もしないとどうも筋肉がおちつかない、というのもワタクシたち筋肉人の性ですねわかります。

こういう時におすすめなのは、コンディショニングです。トレーニングを続けていると、フォームが知らず知らずのうちに崩れて左右のバランスや稼動域も崩れていることがあります。スクワットをゆっくりやってみて、フォームが崩れていないかチェックしてみよう。股関節がよく動いているか、膝の位置は適切か、体幹は真っ直ぐ維持できているか、などなど。ベンチプレスも立った状態でやってみると、肩や肩甲骨が安定して腕を動かせているか、など。また、いわゆる「体幹トレーニング」として行なう事のあるブリッジで、ブリッジを維持したまま腕脚を動かしてみよう。動かした時に体幹がぶれないかどうかを確認しよう。ちなみにこれこそが本当の「体幹トレーニング」です。

もちろんパーソナルトレーニングルームきんYO!ではコンディショニングはもちろん体幹トレーニングもコーチングいたします!

→アニメで分かる!体幹トレーニング講座