着地技術とランニング

きんYO!の台東区三ノ輪・荒川区南千住周辺地域には隅田川が流れていて、浅草の方までいくと隅田公園があって、その中には各種スポーツ施設があります。陸上トラックもあり個人で格安で利用できるのでワタクシも時々走りに行きます。

ワタクシの「走る」はランニングというよりはスプリントの方です。SAQトレーングがきっかけで走り方にも正いいフォームや走り方があるということを知り、実際にトレーニングを続けています。その結果50メートルのタイムが高校生の時よりも縮まりました!・・・いや、高校生の時遅すぎたのか・・・・しかしスクワットなどの筋力トレーニングも大事ですが、「技術」をトレーニングするだけでも走りのレベルが向上するのです。ここれもファンクショナルトレーニングの1つです(→ファンクショナルトレーニングについての記事)。

その「走り」技術の中でも重要なポイントになるのが「着地技術」だと思います。かかと着地とかフォアフットとか、ランナーの方ならよく知っている話だと思いますが、スプリントの着地方法ももちろんランニングでも使えます。というよりこの走り方を身につけたらジョギングでもスプリントと同じ着地方法で走っちゃいますけど。それくらい効率よくスピードが出る機能的な「技術」なのです。