パーソナルトレーニングQ&A

Q:筋トレで短期間のダイエットってリバウンドしない?

「リバウンドするかどうか」ではなく「正しいトレーニング技術と知識を身につけているかどうか」です。当ジムで行なうトレーニングは基本に忠実な筋トレで徐脂肪体重を改善し脂肪が燃焼しやすい”燃える体”づくりを実現します。

トレーニングを続ける事はしんどいですが、一度身に付けた正しいトレーニングや食事に関する技術と知識は生涯にわたって自身を助けてくれることでしょう。そして筋トレが楽しくなります

そもそも「短期間のダイエットはリバウンドしやすい」という話自体が根拠のない俗説なのです。長期間続けるほど精神的につらくモチベーションも下がるので、むしろ短期間で集中して一気に!というやり方の方がベターかもしれません。

とはいえやはり個々人に合ったペースというものもあります。地道にトレーニングを続け、しっかりとした基礎にもとづいた燃える身体作りを続ける事でいつのまにか5kgも10kgも体重が落ちてた!というのが理想で実際それは可能です。KINYOの総合パーソナルトレーニングフレックスコースなら、一定期間や回数を限定せず週何回でもご自身のペースでご予約することができます。有効期限もありません。

Q:やっぱり糖質制限するんですよね?

糖質は、体や脳が働くための大切なエネルギーなので、適切な減量はしても一切制限するという事はありません。トレーニング後ならケーキもタピオカもとっていただいて大丈夫です。

とはいうものの、体脂肪率が25%(男性)35%(女性)以上の方や短期での減量を目指す場合は制限が必要な場合もあります。
→糖質制限について

Q:ダイエットしたいのに筋トレじゃ逆にムキムキにならない?

いくら筋トレをしても通常の食事量で見た目「ムキムキ」にはまずなりません。ホントに見た目太くなるには現在の食事の3倍は食べる必要があります。的確なトレーニングを続ける事で使われる「筋繊維」の数は増え筋力が向上しますが太さが変わるという事ではありません。

しかも筋肉は、同じ重さの脂肪より体積が少ない!ので、徐脂肪体重が向上し体脂肪が減れば、仮に筋肉が多少太くなっても同じ体重であれば見た目は細くなります。ちなみに筋力が向上することで重い物が軽くなる、階段が楽になる等QOL(生活の質)が向上します。

KINYOではみなさん一人一人に応じた筋トレメニューを考案しますから、その人にとって望む体形をつくるための必要な筋肉をトレーニングします。食事制限だけの減量では、体重は減っても筋肉量までも一緒に大幅に落ちてしまう「隠れ肥満」になりがちです。

さらに筋肉量がたった1キロ増えるだけでも一日の基礎代謝量が13キロカロリーほど増えます。これが脂肪が燃えやすい体のしくみです。筋肉量が1キロ増えても見た目にはほとんど変化はありません。また筋トレをして筋肉を活発にするだけでもその後の基礎代謝量が向上します。
→なぜ筋トレがダイエットに効果があるのか

Q:マシンで筋トレや有酸素運動してるけど体脂肪率が減らない・・・

フォームが的確でない筋トレや有酸素運動では筋肉への刺激が少なく効果が上がらず、極端な食事方法によって実は筋肉量まで減って代謝も落ちてることもあります。その結果、全体としての体重は減ったとしても体脂肪率は下がらない、へたをすると上がってしまうということになりいわゆる「隠れ肥満」になってしまうこともあります。

KINYOではバーベルやダンベルを使った基礎的なトレーニングをしっかり行い技術を高め「食べ方」など基礎からマスターできるので、短期間で徐脂肪体重(LBM)と代謝が改善して”燃える身体”、そして”強い身体“になれます。

筋力が弱い方自重運動が辛い方でも負荷を調節して楽にトレーニングでき、マシンや有酸素運動等よりも効果的に筋肉が刺激され代謝も向上し体幹や運動能力もアップします。

Q:腕立て伏せすら1回もできないのにバーベルなんて・・・

むしろそのような方にこそ器具を使ったトレーニングが最適です。腕立て伏せは、自分の体重の三分の二ほどの負荷が上半身にかかります。60kgの人なら40キロ以上のバーベルでベンチプレスをしているようなものです。しかしバーベルなら40kgよりも軽い負荷からトレーニングを始めることができます。もちろんバーベルを使わないトレーニング方法もあります。

バーベルスクワットなんて、誰でもできます。させてみせます。
→中高年の筋トレ効果とは

Q:中高年だけど筋トレなんて大丈夫かな?

もちろん大丈夫です。高齢者は生活レベル(QOL)を下げないためにも筋肉を鍛える事が医学的にも推奨されています。年齢や体力レベルに合わせたトレーニングメニューを考案いたします。

Q:O脚とか肩こり腰痛など不定愁訴の改善もできますか?

軽い肩こり程度なら筋トレやストレッチで改善できますが、例えばO脚は症状によっては外科手術も必要になる障害です。腫瘍などの疾患の可能性もあるのでまずは医師にみてもらうべきです。医師の診断後、理学療法士による運動療法や柔道整復師等による施術治療を経て、ワタクシのようなトレーニング指導の専門家が、再発予防のための動作・機能改善トレーニングを考案する、というのがベストな道筋だと思います。

Q:プロテインのサービスはありますか?

プロテイン製品は現在大変多くの種類が販売されていますが、目的や飲むタイミングで使い分けるのが基本です。なので衛生面の観点からもトレーニング後のプロテインの提供サービスはありません。

もちろんプロテインの選び方や使用方法のアドバイスは行なっています。自分に合った適切な種類を選び出せる知識と方法をアドバイスいたします。
→プロテインについて

Q:週二回2ヶ月、3ヶ月のようなコースはないんですか?

KINYOでは予約制のフレックスコースと、週2回の固定セッション制のレギュラーコースからご自分に合ったコースを選択することができますが、特に初級者は最初の4、5回くらいはできるだけ週3回か1日置きくらいのペースでおすすめしております。これは基礎的なトレーニングフォームなどを身につけるには最適なペースであり、軽い負荷で「運動に慣れる」ことを目的としています。

そして慣れてきて運動量や負荷が上がってきたら週二回程度にします。この考え方だと10回コースならだいたい1ヶ月、20回コースならだいたい2ヶ月、30回コースならだいたい3ヶ月くらいになると思います。料金的にもお得に設定しております。中間の15回コースもあります。

もちろん日程の都合もあるので1日置きは無理、週二回でもキツいという場合ももちろんあると思いますので、それぞれのペースに合わせた運動プログラムを考案いたします。

Q:後からオプション料金とかかからない?

各ページに表示されている価格・費用以外に料金が発生する事は絶対にありませんのでご安心ください。KINYOではトレーニングに直接不要な設備の導入をできる限りカットして圧倒的な低価格を実現しております。

Q:お医者さんではないけれど・・・

たんなるトレーニングをする所、というわけではありません。例えば通いつけの医師の先生から「こういう運動をしなさい」「ここをきたえるといいですよ」などと言われる事はありませんか?でも実際どんな運動やトレーニングをしていいかわからない、できない、という時、われわれパーソナルトレーナーの出番です!ご相談くだされば何かお役に立てると思います。

Q:遺伝子検査はやってますか?

今の所、KINYOでは遺伝子検査は導入しておりません。最近は、ダイエット向け、スポーツ選手向けなど目的別に安価に受けられる遺伝子検査がネットで手軽に利用できるようになっております。