トレーニングの内容

トレーニングの流れの一例

1:ウオーミングアップ

体幹バランスボールたんなる準備運動ではなくコンディショニングも兼ねた機能的なウオーミングアップを行ないます。

  1. 肩甲骨周辺と股関節周辺を重点的に動かし体幹のバランスを整えます。
  2. 筋肉の温めて動的柔軟性を向上します。
  3. 適度に心拍数を上げてトレーニングの効果を高めます。

2:筋肉トレーニング

アームエクステンション腹筋、腕、体幹、ヒップなどご要望に合わせた各種メニュープログラムを組む事ができます。

特にご要望がなければ、全身の筋肉を刺激しバランスを整えるメニューとして

  • スクワット
  • ベンチプレス
  • ワンハンドロー

を中心に行ないます。これらの3種目で腹筋回りも含めた体幹・腕・脚まで刺激できます。

ベンチプレス・ワンハンドロー・スクワット

腕立て伏せすら1回もできないのにベンチプレスなんて!・・・心配ご無用。ベンチプレスは体重よりも軽い重さに調節できるのでむしろ腕立て伏せより簡単で体幹上半身全体を刺激する優れた種目です。正確なフォームで行なう事で関節の稼動域を向上する効果もあります。

腕立て伏せは、腕を立てた状態で体重の2/3ほど、伏せではそれ以上の負荷が上半身にかかりますが、KINYOでは独自の「軽負荷腕立て伏せ」を実践する事もできます。「軽負荷懸垂(逆さ腕立て伏せ)」も可能です。

3:クールダウン

ストレッチをして使った筋肉をクールダウンします。筋トレ後の有酸素運動として脂肪燃焼効果も高まります。